高岡のここが魅力

宮崎県高岡町は宮崎市に隣接した内陸部の町です。現在は宮崎市と合併しています。
この町の魅力はいくつかありますが、その代表的なものを紹介します。
天ヶ城麓地区には旧薩摩藩の外城として栄えた名残があり、武家門、石垣などが点在し、歴史的な町並みを有する街です。
中心部の市街地には大淀川にかかる大ノ丸橋があり、この橋の上下流には水際まで降りることのできる階段があります。豊できれいな大淀川をゆっくり眺めることができます。
この大淀川に隣接して上流には大きな河原がありカヌーの発着場があります。
そして同じく隣接して国道10号線沿いに物産センターでもあるビタミン館があります。
ビタミン館は平成6年に宮崎県第1号の道の駅としてオープン、以来、地元や宮崎県のみならず県外からも多くの人が訪れ人気を得ています。
館内にはさくら市場という物産広場があり、四季のたかおかの生産者が一生懸命に作った野菜や果物が並びます。
ここの宮崎完熟マンゴーは絶品です。4月初旬から店頭に並びます。
さくら市場のさくらは、春になると天ヶ城公園に1000本のさくらが咲くことから、さくらの街たかおかにちなんで付けられました。
このビタミン館のまわりには、ゴルフ場、や湯之谷温泉、そして月知梅公園などがあり、終日観光で楽しむことができます。